住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

即入居で注意する事

急な転勤や止むを得ない事情によって賃貸住宅への入居を急ぐ場合があり、そんな時に「即入居可」の物件はとても魅力的で賃貸住宅を探す時の一番の条件も「即入居可」となります。
インターネットで「即入居可」の物件を検索すると驚く程多くの物件が検索出来てそれほど「即入居可」の物件が多いと言う事なのかもしれません。
ですが「即入居可」と言う事は「空室」だと言う事でもしかすると長期間空室の状態が続いている人気のない物件と言う事かも知れないのです。
実際に部屋を見に行った時には長期間締め切った状態でカビ臭くないか注意が必要です。
空室期間が短ければ短いほどカビ臭さは少ないはずです。
更に空室だった理由を考えるのも必要です。
例えば家賃が周辺の相場よりも高くはないか?
騒音の苦情が多いのではないか?
立地条件が悪いのではないか?と疑って見る事も必要です。
空室であったのには訳がある物でその原因を考えるのも必要です。
「即入居可」に飛びついて契約して入居したらとんでもない訳あり物件だったなんて事のない様に慎重になる事も必要です。
そして絶対の自分の目で確認して下さい。
空室だから見学を断る理由はないはずで見学を断る様な物件はいくら「即入居可」でもお断りです。
見学した際には空室の期間や理由を尋ねてみるのもいいかと思います。
「百聞は一見にしかず」と言うことわざ通りに実際に自分の目で確認する事が重要です。
賃貸住宅に入居する際には以前に住んでいた人が退居した後に壁紙の張り替えなど内装を綺麗にしてくれますが「即入居可」物件に関しては壁紙や鍵はそのまま…と言う場合が多いようです。
壁紙の汚れなどは契約時にきちんと指摘して下さい。
貼り替えるとか別として必ず家主さんや営業マンに伝えておかないと退居する時に「あなたが汚した」と言われ敷金の清算時に差し引かれることにもなりかねません。
壁紙に限らず気になる点はその場ではっきり指摘して伝える事です。
鍵の交換は安全性を考えるととても重要です。
以前に住んでいた人がマスターキーを持っていたら…と思うと不安でたまりません。
どんな事があっても鍵だけは絶対に交換するように交渉して下さい。
自分の身は自分で守る事も必要なのです。
最後の「即入居可」はすぐに生活を始める事ができる訳ではないと言う事も理解しておくことです。
入居は出来ても電気やガス、水道は自分で電気会社や水道局に問い合わせなければならないとかガス会社に電話しなければならないとか、よくある話です。
更に「即入居可」と言っても審査や契約が終わってからと言う事もあるので一概には「即入居可」ではないと言う事も念頭において頂きたいと思います。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.