住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

土地の有効活用

私に住む地域は農村地区で過疎地区と言っても過言ではない位の田舎にも関わらず賃貸アパートが非常に多いように思います。
今まで空地だった所がある日突然にこじんまりして小奇麗な賃貸住宅が建っていて驚かされます。
昔から至るところの土地を持っている地主さんが土地活用の為に賃貸住宅を建てたと誰からともなく耳にします。
元々、地主さんと言えば資産家で大きな家に住み優雅な生活をしていると言うのが私は受ける印象でわざわざ賃貸住宅を経営しなくても十分に生活できるはずなのに…と思ってしまいます。
ですが人と言う生き物は欲深い物でどんなに裕福であっても更にお金儲けをしようと思うようで空地さえも「土地活用」して利益を得ようと思うようで不動産会社は空地に目を付けて土地の持ち主を探し不動産経営を進めているようです。
多くの土地を持つ人にとって眠っている土地を有効に活用すると言う事は大変魅力的な事で「土地活用」と呼んでいます。
土地活用の意味は市街地にある有効に活用されていない未利用地と周辺の土地と比べ利用頻度が低く管理状態が悪い低利用地を有効的に活用して利益を得る事です。
未利用地、低利用地と言うと難しい様に思えますが結局は空地の事です。
その空地を有効に活用して経済的に利益を得る事が出来るのであれば土地の所有者にとってこれほど嬉しい事はありません。
誰だってすぐに飛びつく話しです。
土地活用によって得る事の出来る経済的な利益には収入と税金の軽減があるようです。
収入は他人に土地を貸したり空地に賃貸住宅を建て他人に貸す事によって得る事の出来る地代や家賃などの現金収入で税金の軽減は土地を所有していると言うだけで毎年かかる固定資産税、都市計画税、相続税などが節税出来る事です。
その方法として空地に建物を建てて他人に貸す、空地をそのまま他人に貸すと言う方法があって空地に建物を建てて他人に貸す一番代表的な方法が賃貸アパート、賃貸マンションの経営で最終的な目的は金銭的な利益を得る事です。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.