住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し

アパートを経営するメリット

土地を有効活用する為に有効的には活用できていない多くの場合は空地となっている土地に建物を建て他人に貸し家賃という現金収入を得る事は土地を持っている人にしか出来ない事で土地などの不動産を一切持たない私には只羨ましい限りです。
不動産投資は長期間に渡って安定した収入を得る事が出来て節税も出来て老後の収入源としても十分に期待できる事で投資家には大変人気の様でその中でも賃貸アパートの経営はローンを完済した後も経営を続ける事も出来るし自分の住居にも出来るし売却する事も出来るし投資の出口の豊富さが大変魅力です。
そんな賃貸アパートのメリットについて考えて見ることにします。
賃貸アパートの経営には5つのメリットがあると言われています。
まず第1番には毎月安定した現金収入を得る事が出来る事で例えば10戸のアパートで家賃が7万円だとすると毎月確実に70万円の現金収入があってローン代や必要経費を差し引いても十分な収入になってサラリーマンの平均的な月収にはなるはずです。
定年後も年金に頼らず賃貸アパートの家賃収入だけで十分に豊かな生活が遅れるはずです。
2番目にはローンを返済した後は土地が無担保で残るのでそのまま賃貸経営続けても良いし土地を売却しても良いしローン返済後にも土地が相変わらず有効に活用できる事でローン返済後の選択肢が多い事です。
3番目には固定資産税が大幅に軽減できる事で、それまでの3分の1以下で相続税に関しては金融資産よりも4割近く軽減されるそうです。
更に土地の所有者は給与所得者であっても収入によりますが確定申告をすれば所得税や住民税がかなり減額される様です。
4番目には土地を所有していない人でも物件を購入する為の頭金さえあればアパートローンを利用して少ない資金からでも始められる事です。
賃貸経営は土地などの資産が必要だと思っていましたがそうでもないようです。
最後に賃貸経営も住宅を購入する時と同じ様にアパートローンを組む際に団体信用生命保険に加入できるので経営者に万が一の事があった場合は保険が適用されローンの残額が保険会社によって清算されるから家族が路頭に迷うことなく残った土地と賃貸アパート更に安定した家賃収入を得る事が出来るのです。
これがアパートを経営するメリットです。

Copyright (C)2017住みたい部屋に出会う 賃貸物件探し.All rights reserved.